薬は飲むな(※人体実験済み)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マジシャンのせぎともやです。

まーたなんか変なこと言ってるなぁ
とか思いましたか!?(笑)
 
前回、健康に関する投稿をしたら
思っている以上に反応があって
びっくりしました。

これからは健康に関しても
投稿していこうかな。
 
マジック、バスケ、健康の
3本柱。
 
うん、悪くない。
 
ってことで今回は
「薬は飲むな」です。
 
絶対に飲むなってことではなくて
よっぽどじゃない限り飲むなって
ことです。
 
では、小学生でもわかるように
ステップバイステップでお話
していこう。
 
ズルルルルー。
ううぅ。
 
例えば、風邪を引いて鼻水が
止まらないとしよう。
 
そこで、薬を飲むと鼻水止まる。
 
「やったー、風邪が治った」
 
これ、違いますからね!?
 
なぜ、薬を飲むと症状が止まるか
知ってますか!?
 
一言で言うと、
「脳の神経を麻痺させているから」
です。
 
重要だからもう1回言います。
 
「脳の神経を麻痺させているから」
です。
 
そもそも風邪を引いて鼻水やせきなど
の症状が出る仕組みとしては、脳が
「体からウィルスを出せー」
って神経を通して指令を体に
送っているわけです。
 
それで
「よっしゃ、ウィルスを出すぜ」
って言って、体内から菌を
追い出そうとしている。
 
薬は、神経を麻痺させて、その
指令をストップしているだけです。 
 
知ってましたか!?
 
そりゃぁ神経が麻痺すれば、正常に
体が働かなくなるわけだから、
薬を飲んだら、眠くなったり
だるくなったりするわけです。
 
いわゆる副作用です。
 
運転する前は薬飲むなって
そういうことです。
 
正確な判断ができなくなるから。
 
でもこれってよくよく考えてみたら
異常なことじゃないですか!?
 
危険でしょ。
 
しかも、せっかく体からウィルスを
出そうとしてるのに、
それを抑えちゃうんだから、
治りも遅くなります。
 
じゃぁウィルスは誰が
殺してくれるの!?
 
ウルトラマン!?
正義の味方!?
 
それは体に備わっている
「免疫ちゃん」です。
 
もっと言うと「白血球」が体の中に
入ってきたウィルスを除去して
くれます。
 
だから風邪を引いたら免疫を
高めるように努める。
 
常日頃から免疫を保つように
気を付けるんです。
 
薬は風邪を治さない。
 
むしろ神経を麻痺させて
危険である。
 
7年前に薬は飲まない方が良いって
知ったとき、実際に自分の体で
実験をしたことがあって。
 
そしたら、薬を飲まなかった時は
1、2日で治ったけど、
飲んだときは1週間ぐらい
治るまでに時間がかかった。
 
それ以来、薬は飲まなくなったけど、
何の問題もなし。
 
むしろ快適な毎日である。
 
以上。
 
P.S.
もちろん薬を飲んだ方が良いときも
あります。
 
目にバイ菌が入って失明しそうな時、 
42℃を超える高熱な時、など
 
つまり、生死に関わるときは
飲んでも良いが、それ以外は
飲まない方は良いよってことです。

マジシャンせぎともや

P.S.
マジシャンせぎともやのフェイスブックはこちら↓
マジシャンせぎともや(友達申請&フォロー歓迎)
 
マジシャンは呼べることをご存知ですか?↓
マジック出演依頼

お誕生会、クリスマス会、ホームパーティ
等の少人数で楽しめるテーブルマジック、
忘年会や結婚披露宴や企業イベント等の
100人以上の規模でのステージマジック
まで幅広く対応致します。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す